研究における「勘」


野城 清

 基礎研究・応用研究のいずれにも「勘」が働かないと満足な成果は期待できない。
 「勘」にはその様な結論にいたった理由の説明ができない「直感」と理由の説明ができる「ひらめき」の二種類あるとされている。
 「直感」は過去の経験や知識から生まれ、最終的には結論だけがでてくるためにそのプロセスが説明できない。
 「直感」は視覚,聴覚,味覚,嗅覚,触覚を超えて、ものごとの本質をつかむ頭の働きのことを指している。
 一方、「ひらめき」は論理的な思考で結論がでてくるため、プロセスが明確に説明可能である。
 
 英語でも両者は区別されており、「直感」はsixth sense 「ひらめき」はinspiration である。

 優れた研究には「直感」や「ひらめき」が必要である。
 換言すれば、「直感」や「ひらめき」が感じられない研究は極当然なもので、面白味の欠けたありふれたものである。
 
 過去の経験・知識が「ひらめき」の妨げになることもある。
 優秀な研究者を輩出するにはその研究グループのリーダーが自らの経験や知識をひけらかさない態度が必要である。
 筆者が大学の教員時代には学部生と大学院生とでは指導方法が大きく異なることを常に念頭においていた。
 学部生には苗と耕作道具とその育て方を教え、大学院生には種と耕作道具を与えることが必要である。
 特に変化の激しい時代を生き抜くためには必要な対応と考えている。
 
 20世紀後半から21世紀にかけて科学技術も大きく変容を遂げている。
 将来が予測できる線形の時代から将来が予測のできない非線形の時代へ、知識が役立った知識の時代から知識ではなく
 知恵が要求される時代へ、論理的な思考が得意な左脳の時代から芸術的、創造的な右脳の時代へ等々多くの表現があるが、
 革新的なプロセス開発には過去のことにとらわれない 「ひらめき」が必要となってくる。
 
 具体的には20年前にスマホ、携帯電話、カーナビの出現を誰が予測できたであろうか。
 コンピュータなるものが世の中に出現したのは第二次大戦直後の1946年であり、当時ENIACの開発を担当した
 IBMのワトソン会長はコンピュータの市場は世界で5台程度であろうと言ったとされている。
 開発されたコンピュータが重さ:30t、135㎡以上の大きさ 、140kWの消費電力で、演算速度が5,000回/秒では
 経営者としては当然の結論であろう。
 
 通信手段の歴史を考えてみても電気通信以前はのろし、飛脚、早馬、手旗、郵便等があげられるが、電気が通信手段に
 使われるようになるとモールス信号、 電話、FAXから最近はメールが主流を占めている。
 しかし、10年後にはどのような手段で通信が行われるようになるのか、我々はまさしく非線形の時代に生きていることを
 自覚することが肝要である。
 
 このような時代におけるスマートプロセス学会の役割は革新的なプロセス開発・技術開発を通じて世の中に貢献することであり、
 そのためには「勘」を養うことが大切であることをあらためて強調しておきたい。
 
スマートプロセス学会誌 Vol.3 No.1 「學海」



日本学術会議 第一部ニューズレター

下記URLでご覧になれます。

http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/1bu/index.html



平成28年(公財)ホソカワ粉体工学振興財団

研究助成候補者募集のお知らせ


     1.KONA賞
      粉体工学に関する基礎研究の成果に対する褒賞
     2.研究助成
      粉体工学、粉体科学に関する研究のための研究費助成
     3.研究者育成の援助
      粉体工学に関する研究者育成のための援助
     4.シンポジウム等の開催援助
      粉体工学に関する研究成果公開の援助

     締切:平成28年7月20日 (水)

     詳細、書式については下記URLをご参照ください
     http://www.kona.or.jp



平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞及び

若手科学者賞受賞候補者の募集について


     【目的】
      この表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進等において顕著な成果を収めたものについて、
     その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、もって我が国の科学技術
     水準の向上に寄与することを目的とする。 
     
     詳細、書式については下記URLから「平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞」をご参照ください
     http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/index.htm

     締切:平成28年7月27日(水)



第58回(平成29年度)

本多記念会各賞受賞募集について


     1.本多記念賞
     2.本多フロンティア賞
     3.本多記念研究奨励賞
     
     締切:平成28年9月16日 (金)

     詳細、書式については下記URLをご参照ください
     http://hondakinenkai.or.jp/




一般社団法人 スマートプロセス学会事務局
〒567-0047 茨木市美穂ヶ丘11番1号 大阪大学接合科学研究所内
TEL:06-6877-5111(内線9337)
   06-6879-8698(直通) 
FAX:06-6878-3110
E-mail: spsアットjwri.osaka-u.ac.jp(アットを@に変更してご送信下さい。)

edit